oshinohakkai-header

忍野八海ー鉄瓶で名水茶 001

 07/02/2017   

神秘の名水。日本人なら必ず観たい忍野八海

日本人に欠かすことのできない富士山。

山梨県側。富士北麓の忍野村にその天然記念物は存在する。

『鉄瓶で名水茶』

第1回目は『忍野八海』を訪れた。

この記事は、私の相棒『ボスあられ(南部鉄器 鉄瓶)』で『日本の名水』を『沸かしお茶を淹れ』て『銘菓』を楽しむ企画だ。

『しのびのはっかい』と読んでしまいそうだが『おしのはっかい』と読む。

天然記念物・昭和の名水100選・世界文化遺産機構資産・県富岳百景選定地と数多くの冠を付ける『湧水地』だ。

幾たびの噴火活動を経て、忍野八海の原形である忍野湖は枯れた。

だが富士山の伏流水を水源とする湧水は、枯渇をもろともせず絶えず湧き続けている。

その代表的な湧水が『忍野八海』。

富士山の雪解け水が、約20年という歳月をかけろ過され湧き『8ヶ所の海』をつくる。

signboard

忍野八海はかつて、富士信仰の霊場・道者の禊ぎ場であった神聖な場所。

その神秘的な美しさは、四季を通して訪れる者を魅了し続けている。

下の画像をクリック頂くと動画が再生される。忍野八海に行った気になって頂ければ幸いだ。

oshinohakkai-movie-link

忍野八海の水はここで汲め

せっかく私のページに訪問頂いたので『ここだけ』情報をお伝えしたい。

画像の場所を特定できれば『忍野八海の水汲み場以外で』あなたもおいしい水がボトリングできる。

この『秘密の名水』を発見したエピソードを紹介したい。

一之瀬公人
先輩。すみません。
初めて来たんですが、八海で水が汲めるところはあるんでしょうか?
地元のおじさん
それならなぁ。そこの建物の手洗いの下にホースがあるんだよ。
一之瀬公人
あの建物ですか?
地元のおじさん
そう。あそこの水がこの辺で一番ウマいゾ。
一之瀬公人
えぇ?そうなんですかぁ?
地元のおじさん
あぁ。そこのホースの水は、陸上自衛隊北富士演習場のほうから直接来てるからな。
一之瀬公人
あ。ありがとうございます。
地元のおじさん
だけど、秘密だぜ。みんなに言っちゃダメだぞ。

早速、4Lの焼酎ボトルで汲みに行く。

おじさん、ごめんなさい。言ってはいないけど、書いちゃった(笑)。

たしかにこの水、八海より『甘かった』。

natural-water

このような経緯があったため、下の味覚情報はこの水を評価している。

【水質成分】
※忍野八海の代表的な数値

ph値 7.0
硬度 53

カルシウム 1.3mg/L
マグネシウム 0.51mg/L

【名水評価】

かたさ
とろみ
まろやかさ

あまみ
さんみ
にがみ
うまみ
しおみ

※ 最低値は『0.5』。個人的な味覚情報。

忍野八海【名水茶】

飲みあたりは抜群の透明感。お湯の熱さが口中にガツンとくる。

苦味ほのかで、お茶がとても甘くなり舌に濃厚な甘さが残る。

すっきりして後味がさわやか。お茶との相性がバツグンの名水ではないだろうか。

ちなみに富士山麓付近に含まれる特徴的な成分はバナジウムだ。

バナジウムは重金属の一種で微量なミネラルを含んでいる。

脂質の代謝を良くし血糖値・コレステロール値・血圧・中性脂肪を低下させ、生活習慣予防効果が期待されている。

忍野八海『名水茶』を楽しんだ銘菓

桔梗屋
プレミアム桔梗信玄餅吟造り 8個入り/1600円(税別)

通常の信玄餅より30%程度割高だが、甘さを抑えたお餅。きな粉には極上の丹波種黒大豆が使用されている。

黒蜜にはアカシア蜂蜜が加えられコクがあり、まろやかだ。

確かに通常の信玄餅よりも色が薄いく、甘さが上品に仕上がっている。

shingenmochi-1

黒蜜がきな粉のダムにせき止められて、

shingenmochi-2

こうなる(笑)。

餅自体にもこだわりのきな粉が練りこんであるのだろうか。

通常の信玄餅には見られなかった黒いつぶ(黒大豆)が入っているように見える。

shingenmochi-3

忍野八海は常に観光客でにぎわっている。

離れた場所で名水茶と信玄餅を頂いた。

oshinohakkai-teatime

photo&graph by Masahito Ichinose(Japan)


関連記事

matsumoto-header

松本城下町湧水群ー鉄瓶で名水茶 003

目次山岳都市・陸の孤島『信州松本』湧水群を巡るウォーキングマ...
kannon-header

観音霊水ー鉄瓶で名水茶 002

目次秘境の名水。神々の里山に湧き出る日本屈指の硬水観音霊水を...

コンテンツマーケター

プロフィール

一之瀬 公人

masahito ichinose

東京都江東区生まれ。現在は長野県南部在住。妻と息子の3人家族。

モノに対する好奇心が旺盛だったことから『MONO』で有名な雑誌の編集者となる。

広告代理店でクライアントのマーケティングを担当する。モーターショーやゲームショーのブース企画。Fからはじまるミントタブレットなど日本進出する外資企業の浸透戦略を担う。

夢だったニューヨークのクライスラービルを観るため渡米。(ゴジラとアルマゲドンで壊された)

アメリカ・カナダで働いたのち、ハトのマークのボディーソープで有名な外資系トイレタリー企業にヘッドハントされる。外資系ホテルを対象とした特殊部隊に所属。担当ホテルへの営業戦略、部隊全体のマーケティング戦略を担当。

先の経験を買われシティーホテルの支配人を任される。経営ノウハウを積みサラリーマンを卒業し独立。

これを期に、父の故郷である長野県に移住を決める。長野県で好きな地域は、松本市中心部と安曇野周辺。

結婚し長男を授かる。子育ての8割をこなし、厄年から脱却。第二の人生を本格的に歩み始める。

関連記事

関連記事

matsumoto-header

松本城下町湧水群ー鉄瓶で名水茶 003

目次山岳都市・陸の孤島『信州松本』湧水群を巡るウォーキングマ...
kannon-header

観音霊水ー鉄瓶で名水茶 002

目次秘境の名水。神々の里山に湧き出る日本屈指の硬水観音霊水を...