chagara

眼精疲労と腸内環境改善に欠かせない緑茶

 06/19/2017   

眼精疲労と老眼予防には緑茶を飲め

朝茶はその日の難逃れ。

朝茶を飲むと災難よけになる。こんなことわざを聞いたことがあるだろうか。

今回は緑茶の効能の中でも『眼精疲労』『腸内環境改善』をテーマに、緑茶の効能について書いてみたい。

鉄瓶で沸かしたお湯でお茶を飲むことを習慣にした私は、疲れ目で苦しむことが少なくなった。

これが本当に効果バツグンだ。

眼精疲労が気になるあなたにも試して頂きたい。

『眼に効くお茶の成分』
といえば
『ビタミン』

必須栄養素だが人間の体内でつくり出すことができない。

だからこそ、緑茶に含まれる『多くのビタミン群』による『眼精疲労回復効果』に着目したい。

【ビタミンA】

・眼精疲労軽減
・ドライアイの予防

ビタミンAは「目のビタミン」。角膜や網膜を正常に保ち、涙量を一定にする働きがある。

【ビタミンB群】

・目の緊張をやわらげ疲労軽減
・視力低下防止、視力回復
・目の充血解消

ビタミンB1、B2、B6、B12のB群は「疲労回復のビタミン」。不足すると疲れ目、角膜炎、結膜炎の原因となる。

【ビタミンC】

・水晶体の透明度を保ち「白内障」を予防
・目の病気予防

若返りビタミンとカテキンとの相乗効果。コラーゲンの生成過程で必須。

【ビタミンE】

・目の血行を促進
・ドライアイ予防

老化を防ぎ若さを保つ栄養素。老眼が気になる方は積極的な摂取を心がけたい。

いかがだろうか。
緑茶に含まれるビタミン群が、眼精疲労の回復に役立つことを少しはご理解頂けたはずだ。

茶がらを食べる。という意外な事実

ところで、あなたはお茶を楽しんだあとの『茶がら』を捨てているだろうか。

『防臭に』『殺菌に』『掃除に』『肥料に』『お風呂に』
挙げれば意外に活用法がある。

このなかの2つでも列挙できたあなたはとても優秀だ。

では、あなたは『茶がら』を『食べている』だろうか。

食べるわけがない。というあなたは『茶葉の栄養素の約70%を捨てている』ことになる。

下図は茶葉に含まれる栄養素を表した図だ。
大きく『水溶性 』と『油溶性 』 に分類できる。

green-tea-ingredient.png

おそらく想像はついたと思う。

『お茶という飲み物』は『茶葉の約30%の栄養素しか抽出されない飲み物』という衝撃的な事実がここにある。

だから『食べる』のだ。

抽出されない油溶性の成分には、がん予防や老化抑制などに効果のある栄養素が含まれている。

これらの成分は、ナッツや植物油などに多く含まれているが、『茶がら』から摂れれば低カロリーであるし無駄がない。

こんな『ウマい話』が緑茶にはある。

お茶は最強の抗酸化飲料

『腸内フローラ』という言葉を聞いた事があるだろうか。

腸には約100種類以上の菌、その総数100兆個以上の菌が生きている。

菌が菌ごとにまとまりを作り、花畑のように生息していることから『腸内フローラ』と呼ばれる。

健康な腸は、善玉菌が優勢。逆に悪玉菌が優勢になると健康が害される。

そんな『腸内環境改善』に『緑茶の最強成分であるカテキン』が欠かせない。

腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やしてくれる効果がカテキンにあるからだ。

渋柿・りんご・ぶどう・いちごなどからもカテキンは補えるが、これでは季節に左右されてしまう。

通年カテキンを補給できる『緑茶』はやはり優秀である。

ウーロン茶・紅茶・ほうじ茶・番茶などに比べ、緑茶はカテキン含有量がダントツで多い。

だから『緑茶習慣』は『腸内環境改善』にとって理想的な飲み物だと言えるだろう。

【カテキン】

・抗酸化作用
体内脂肪の酸化を抑制。病気・老化予防。

・抗菌作用
細菌の繁殖を抑え死滅させ、毒素を消す。

・血圧・血中コレステロール値抑制作用
悪玉コレステロールを減らし 、高血圧・動脈硬化・脳卒中・心臓病を予防。

・血糖値抑制作用
血糖値を下げ糖尿病を予防。

・発がん抑制作用
細胞の突然変異を防ぎ、がんの発生を抑制。

茶がらを食べるメリットは他にもある。
茶がらに含まれる食物繊維には善玉菌を増やす効果があり、便秘が予防できる。

どうだろう。
食べないわけにはいかないはずだ。

下記の画像をクリックすると『超簡単 !! 茶がらのおひたし』の食べ方が再生されるので参考にされたい。

chagara-ohitashi-movie-link.jpg

ではどれだけ食べるべきか。
食べすぎ、取りすぎで良いことは何もない。

個人的なオススメは『1日3gの茶葉』だ。

朝から午後のおやつにかけて
『3煎目まで緑茶として』 頂き、
夕食や晩酌に『茶がらを食べる』。

こんな習慣を続けてみてはいかがだろうか。

朝茶はあなたの福が増す。ことだろう。

photo&graph by Masahito Ichinose(Japan)


関連記事

reicha

究極水出し茶。カフェインを抑える入れ方

目次お茶を淹れる水は「50mg/l 前後の軟水」で「中性」を...
tea-leaf

急須難民が増加中。オフティーのすすめ

目次急須で淹れることをサボりはじめた日本人お茶を欲する遺伝子...
tea-roasting

「ほうろく」って?焙煎と身になるお茶の話

目次携帯だけじゃない日本茶もガラパゴスだった日本茶で一番コス...
green-tea

鉄瓶でトリハロメタンは除去できるのか

目次塩素に続く水質基準の代表格慣れれば意外と簡単なお茶の淹れ...

コンテンツマーケター

プロフィール

一之瀬 公人

masahito ichinose

東京都江東区生まれ。現在は長野県南部在住。妻と息子の3人家族。

モノに対する好奇心が旺盛だったことから『MONO』で有名な雑誌の編集者となる。

広告代理店でクライアントのマーケティングを担当する。モーターショーやゲームショーのブース企画。Fからはじまるミントタブレットなど日本進出する外資企業の浸透戦略を担う。

夢だったニューヨークのクライスラービルを観るため渡米。(ゴジラとアルマゲドンで壊された)

アメリカ・カナダで働いたのち、ハトのマークのボディーソープで有名な外資系トイレタリー企業にヘッドハントされる。外資系ホテルを対象とした特殊部隊に所属。担当ホテルへの営業戦略、部隊全体のマーケティング戦略を担当。

先の経験を買われシティーホテルの支配人を任される。経営ノウハウを積みサラリーマンを卒業し独立。

これを期に、父の故郷である長野県に移住を決める。長野県で好きな地域は、松本市中心部と安曇野周辺。

結婚し長男を授かる。子育ての8割をこなし、厄年から脱却。第二の人生を本格的に歩み始める。

関連記事

関連記事

reicha

究極水出し茶。カフェインを抑える入れ方

目次お茶を淹れる水は「50mg/l 前後の軟水」で「中性」を...
tea-leaf

急須難民が増加中。オフティーのすすめ

目次急須で淹れることをサボりはじめた日本人お茶を欲する遺伝子...
tea-roasting

「ほうろく」って?焙煎と身になるお茶の話

目次携帯だけじゃない日本茶もガラパゴスだった日本茶で一番コス...
green-tea

鉄瓶でトリハロメタンは除去できるのか

目次塩素に続く水質基準の代表格慣れれば意外と簡単なお茶の淹れ...