一之瀬公人(いちのせ まさひと)

ssd-lifespan-image

SSDの寿命 リカバリ・デフラグ・外付けクローン

 

遅くてイライラしていませんか あなたのパソコン早くなりますよ

前回、Windows 7 から10にアップグレードしたノートパソコンを、

HDDスタンドを用いて『初心者でも簡単に換装できるSSD換装手順』を紹介した。

今回は、不要になったリカバリディスク領域の削除・パーティション統合によるデータ領域の拡大。

そして、あまり知られていないSSDの弱点と、日常メンテナンスを行うツールに着目していく。

そもそもなぜ私が、SSD化をもくろみ、換装をしたのか。

大型アップデートにより『動作が重くなったから』である。

私が、パソコンというものに触れるきっかけとなった、最初のOSと言えば『Windows 95』だ。

それ以降、Macに手を出さなかった『生粋のWindowsユーザ』で、これからもきっとそれは変わらないと思う。

私は、歴代OSの中でも、Windows 7 が大好きである。

だが、その快適さとは裏腹に、毎回起こるWin7のアップデートの不具合で、少なからずストレスを抱えていた。

そしてついに、Win10に手を出した。

しかし『Windows 10 Fall Creators Update』以降、動作がとても重くなったのだ。

これが『SSD化』を決心した理由である。

フラッシュメモリという名の記録媒体

前置きとして、あまり良くご存知ない方のために書いておきたい。

SSDが世に登場する前、PCの作業を支えていたのが『CPU(処理する脳)』『HHD(記録媒体)』そして『メモリ(記憶領域)』だ。

メモリとは、今で言う『USBメモリやSD』のような存在で、HDDのように『駆動する』ものではない。

SSDとは『駆動しない』『メモリのようなHDD』と表現すれば分かりやすいだろうか。

MG→GB→TB。と、USBやSDの容量は、日進月歩に増加してる。

これが『フラッシュメモリ』と呼ばれる『記憶媒体』であり、『SSD』は、USBメモリ・SDと同等のメディアと言っても過言ではないだろう。

SSD換装することにより、駆動で遅延していたデータ処理を向上させ、より高速化を実現したのだ。

物理的な上限が寿命に直結してる

フラッシュメモリには、
『NOR型』『NAND型』がある。

NAND型は、HDD(ハードディスクドライブ)に代わる記憶媒体として開発されたものであり、

書き込みと消去が高速で行え、コストパフォーマンスに優れた特徴を持っている。

しかし、酸化膜の劣化により不良ブロックは発生する。

これを使用しないようにするために、SSD(NAND型)には、管理ロジックが組み込まれている。

これは、バイト単位の書き換えが得意でないことを意味しており、

NOR型とは異なり、不良ブロックの情報とデータ保障用のパリティを、保存するための冗長なデータエリアを持っている。

そのため、NAND型は仕組み上、書き込めるデータの量に物理的な上限があり、それが、SSDの寿命に直結している。

バッテリーのようにSSDの寿命を把握する

SSDには寿命とも言うべき『上限がある』と申し上げた。

それが『総書き込み量』と言うものだ。

「TBW」
(Total Byte Written)

これは事実上、SSDに書き込めるデータ量を示している。

『書き換え可能な量』であり『寿命を判断する目安』である。

前回、お伝えしたように『機械の寿命』は『ある意味、運』であり、

この『上限を迎える前の故障』はあり得るし『その容量を超えても現役』もありうる。

バッテリーのように、それを把握するすべはあるのだろうか。

私が、換装したSSD

Crucial Crucial SSD 2.5インチ MX300 525GB(3年保証)国内正規品

メーカーが公表している、TBWはと言うと、

『160TBW』

これは『総書き込み量の限界が、160TB』だということを意味している。

単純計算であるが、

1TB=1,024GB
160TB×1,024=163,840GB

となる。

電源投入回数:25回
総使用時間:27時間
総書き込み量:638GB

使い初めで、なぜこんなに書き込んだのかは定かではないが、

『1時間当たり、23.63GB』も書き込んでいて、働かせ過ぎである。

638GB÷27h=23.63GB
163,840GB÷23.63GB=6,934h
6,934h÷8h=867日
867日÷365=2.38年

この計算式は、『毎時23.63GBのデータを書き込んだ』場合『1日8時間稼働させたなら』ば『あと2.38年(867日)』で『書き込みの上限に達する』ことを意味している。

6ヶ月間使用しての変化がこれだ

SSDに換装して、おおよそ半年が過ぎた。現在の、使用状況はこんな感じだ。

crystal-disk-info-image

ちなみに、寿命は、100%から1%減少し、99%になった。

SSDの健康状態をチェックする

Crystal Disk Info

電源投入回数:1,307回
総使用時間:1,028時間
総書き込み量:4,677GB

4,677GB÷1,028GB=4.55GB

使い始めの『23.63GB』よりも、1時間当たりの書き込み量は減少し、5分の1以下になった。

仮に『毎時4.55GBのデータを書き込んで』『1日8時間稼働させたなら』ばどうなるのか。

163,840GB-4,677GB=159,163GB
159,163GB÷4.55GB=34,981h
34,981h÷8h=4,373日
4,373日÷365=11.98

年如何だろう。
理論上では『あと約12年ももつ』。どう考えても驚異的だ。

すでに半年使っている訳だから、12年以上ももつ計算になるのだ。

空き領域を放置するとどんどん遅くなってしまう

Windowsユーザーが大好きな作業。

それが『デフラグ』ではないだろうか。

SSDは『書き込み量が増えれば増える』ほど『寿命は縮まる』ことはご理解頂けたはずだ。

デフラグは断片化しているデータ整理することで、データの読み込み効率を上げる作業だと言える。

SSDにデフラグは不要。という話をよく聞くが、

『Windows標準のデフラグは、SSDにあまり効果がない』という表現が適切かもしれない。

SSDの書き込みの仕組みは『ブロックごとに書き込む』。

しかも『ページ』単位で書き込まれ、データの消去はページをいくつか束ねた『ブロック』単位で実行される。

SSDがデータを書き込む場合、HDDのような上書きはできず、残っているデータを消去してからデータを書き込む必要があるのだ。

そして、ブロック内に、保存した別のデータがあると、それを一旦、別の場所に退避させてからそのブロック内の全データを消去する。

新しいデータを書き込む度に、

一旦別の場所にデータを退避→ブロック内の全データ消去→新しいデータの書き込み

このような手間が発生するために、データの書き込み速度はどんどん低下していくことになる。

放っておくと『空き領域』に不要なデータが混在してしまう。だから『空き領域を最適化するためのデフラグは必要』というわけだ。

『Defraggler』は、空き領域を指定してデフラグが可能。SSDにとって最適なデフラグソフトと言える。

SSDをデフラグする

Defraggler

HDD用設定であるならば SSDの寿命は3年縮じんでしまう

『SSD用の設定』とは何か。Windowsの設定。

実は『HDD用の設定のまま』なのをご存知だろうか。

せっかく、SSDに換装しても『HDD設定のまま』であるならば『3年も寿命が縮じんで』しまうことがあるという。

それを回避するため、SSD換装に成功されたらすぐに、設定を行い『SSD用設定』に最適化して欲しい。

WindowsをSSD用設定にする

SSD最適化設定

下記の画像をクリック頂くと、動画が再生される。

Windows 10へのアップグレードにより、Windows 7のリカバリ領域が不要になった。

これを削除して、パーティションを統合する作業も紹介している。

あなたの参考になれば幸いだ。

【動画】4/5 リカバリ領域を削除・統合。断片化を解消する

・リカバリ領域削除
・未割当て領域統合
・断片化の解消
・空きディスクデフラグ

4/5 リカバリ領域を削除・統合。断片化を解消する

パーティションを整理する

Mini Tool Partition Wizard

断片化解消を解消する

Recuva
EaseUS Data RecoveryWizard

SSDが耐えられる温度は 70℃

冬の寒い時期でさえ、PC自体に熱を感じることがある。

気温の高い『夏の室内』であればなおさらだ。

CPU・HDDなど、発熱は電子機器全般に言えること。

そこで、HDDやSSDの耐熱温度とは一体どのくらいなのか。そんな話をしたい。

HDDは、ディスクの駆動により、熱を発生しやすい仕組みを持っており、SSDは、高速でのデータを処理するために、消費電力の増加に伴い発熱する。

SSDとて、発熱は避けられないのだ。

一般的に、動作時の温度の限界値は『HDD 50℃』『SSD 70℃』とされており、この温度を超える環境で、PCを酷使したならば故障を避けることはできないだろう。

SSDには『サーマルスロットリング』という安全装置が備わっている。

熱暴走を防ぎ、目安とされる 70℃を超えようとすると自動的に処理を遅くしてくれる仕組みだ。

だが、この機能に頼るだけではなく、どの程度の発熱状態かを、チェックする手段は持っていたい。

先ほど紹介した、CrystalDiskInfo は『温度管理』でも活用できる優れもの。

『温度』『稼働時間』『寿命』など、様々な要素もモニタリング出来る。

高温になる場合の対策

  • ファンやPC内部に、ほこりが溜まっていないか
  • ファンの排気口が、塞がれていないか
  • SSDに負荷がかかる作業を、連続で行っていないか

過度な負荷に注意 機械も人間も気分転嫁が大事

負荷がかかる作業の連続は出来れば避けたい。

例えば、動画編集などの作業は、間隔を開けての作業をオススメする。

少し編集したら、軽度の違う作業に移る。気分転換にもなるし、PCへの負荷を軽減できるほか『動画を推敲できる』メリットもある。

特にノートパソコンは、省スペースに沢山の部品が組み込まれているのだから、当然、熱がこもりやすい。

市販のPCクーラーを導入するなど、積極的にクールダウン対策をしたい。

保冷材などを安易に使ってはならない。

精密機器なのだから。

少ない容量のディスクへのクローンは可能なのか

一連の『SSDクローン運用計画』は、大きな山場を迎える。

SSD故障時の対策。そして、使わなくなったHDDの有効活用を目的として、今度は真逆のプロセス。

SSDをHDDに丸ごとクローン。

そう『クローンバックアップ』体勢の構築だ。

しかし、そこには大きな壁が立ちはだかる。
HDDスタンドを用いる場合『クローン先のディスク容量は同等か同等以上』であることが、条件だからだ。

『500GB(HDD)→525GB(SSD)』

とクローンを作成した。

だが、HDDスタンドでは、この真逆のプロセスが実現できない。

×『525GB(SSD)→500GB(HHD)』

そして、それは『初心者でも可能なのか』という大きな大きな問題である。

下記の画像をクリック頂くと、動画が再生される。

動画の内容は、以下の通りだ。

【動画】5/5 SSDの寿命を延ばすソフト。容量の少ないディスクにクローニング

・容量の少ないSSDへクローン
・SSDの寿命を延ばすアプリ

5/5 SSDの寿命を延ばすソフト。容量の少ないディスクにクローニング

小さい容量にクローンを作製する

AOMEI Backuper

EaseUS To Do Backup

復元ポイントの重要性

クローニングが完了した後、OSに不具合が発生することがある。

私の場合は、powermanagerに問題発生した。

フリーズして全く動かいない。
シャットダウンできない。
そして、強制終了もできない。
セーフモードにも切り替えれない。

こんな状態になると、頭が真っ白になってしまう。

だから、ソフトを使ってクローニングをする前に、復元ポイントを作成することを強くオススメする。

如何だっただろうか。

2記事・5つの動画で『SSD換装』について網羅してきた。

スペックの低い安価なPCでも『爆速』が体感できる『SSD化』。

動作が遅く、あなたがストレスを貯めているのなら、試してみてはいかがだろうか。

Eye catching image by Thomas Kvistholt(Denmark)


プロフィール

一之瀬 公人

masahito ichinose

東京都江東区生まれ。現在は長野県南部在住。妻と息子の3人家族。

モノに対する好奇心が旺盛だったことから『MONO』で有名な雑誌の編集者となる。

広告代理店でクライアントのマーケティングを担当する。モーターショーやゲームショーのブース企画。Fからはじまるミントタブレットなど日本進出する外資企業の浸透戦略を担う。

夢だったニューヨークのクライスラービルを観るため渡米。(ゴジラとアルマゲドンで壊された)

アメリカ・カナダで働いたのち、ハトのマークのボディーソープで有名な外資系トイレタリー企業にヘッドハントされる。外資系ホテルを対象とした特殊部隊に所属。担当ホテルへの営業戦略、部隊全体のマーケティング戦略を担当。

先の経験を買われシティーホテルの支配人を任される。経営ノウハウを積みサラリーマンを卒業し独立。

これを期に、父の故郷である長野県に移住を決める。長野県で好きな地域は、松本市中心部と安曇野周辺。

結婚し長男を授かる。子育ての8割をこなし、厄年から脱却。第二の人生を本格的に歩み始める。

Copyright© 一之瀬公人 , 2018 All Rights Reserved.